大切に大切に育てたイチゴちゃんを食す




 

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

ピーちゃんが買ってきたイチゴの苗、大切に大切に育ててきました。花が枯れたらそこから実がなって、だんだん赤くなり、テラスに充満するあま~~~い匂い。イチゴってこういう風に育つんだ~と目から鱗でした(笑) 今までスーパーで売っている物を食べるだけだったんで、初めてイチゴの成長過程を知りました。

プランターで育てたので実は小ぶりですが、甘くておいしかったですよ。南仏の太陽をたっぷりと浴びたフランス産イチゴです!!

 

今も続々と実を付けています。もっとなれなれ~

 

こうして自分で野菜&果物を育ててみると、本当に手間暇かかることが分かりますね。

私たちは毎日、農家さんが丹精込めて作った食べ物をいただいています。改めて農家さんのご苦労を偲びつつ、フランスにいても「いただきます」と手を合わせて、感謝していただいています。

 

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

上の画像をクリックしていただけるとポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪





シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

2 件のコメント

  • ほんとにそうですね!大事なことを思い出させてくれてありがとうございます。日本の、「いただきます」や「ごちそうさま」が、とてもうつくしい気持ちから出ている気がして大好きな習慣です。食べ物の命や育ててくれたひと、料理してくれたひと、みんなに感謝ですよね。お金を払ってるんだから、店員にはごちそうさまなんて云わないってひとがいるみたいですが、傲慢だなぁって思います。

    • montycatさんへ
      自分で育てたイチゴを食べながら今までの成長を思い出して涙が出そうになりました(笑)一口一口、噛みしめながらいただきました。またイチゴの実が育ってきたので今日はこれからイチゴのタルトを作ろうかなって思っています(*ノ∪`*)
      フランス語には食べる時に「Bon appétit」というフレーズをよく使いますが、「いただきます」の意味とは違うんですよね。やっぱり「いただきます」&「ごちそうさま」を使っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。