国際結婚の手続き&ビザ関係

滞在許可証の更新手続き2019②~失敗編~

ボンジュール、むぎ(@muuugi105)です!!

私はフランスでは移民です。フランスで合法的に滞在するためには「滞在許可証」を所持していなければなりません。1年目はパスポートに貼るシールですが、2年目からはカードタイプになるようです。

その移民必須の「滞在許可証の更新手続き」を先日、県庁でしてきたのでレポします!!

実は書類に不備があって、手続きが終わりませんでした(泣)(泣)!!

 

更新手続きに必要な書類

滞在許可証の更新の予約をした時に「手続きに必要な書類のリスト」をいただいていたので、この日のためにせっせと準備しておきました。

ビザの種類や県庁によって違ってくるとは思いますが、私が実際に提出した書類は以下の通りです。

  1. パスポートのコピー
  2. VISAのコピー
  3. 滞在許可証(パスポートに貼ってあるシール)のコピー
  4. アポスティーユ付きの戸籍謄本のコピー
  5. 日本大使館発行の出生証明書(Acte de Naissance)のコピー
  6. 婚姻証明書(Acte de Mariage)のコピー
  7. 配偶者のIDカードのコピー
  8. OFII(移民局)が発行した書類①契約書のコピー
  9. OFII(移民局)が発行した書類②健康診断証明書のコピー
  10. OFII(移民局)が発行した書類③フランス語講座免除の証明書のコピー
  11. OFII(移民局)が発行した書類④市民講座の受講証明書のコピー
  12. 質問票(Le questionnaire à compléter entièrement et à signer)
  13. ここ3ヶ月以内の住居証明(家賃の領収書&電気の契約証明書)のコピー
  14. 共同生活を証明するもの(賃貸契約書のコピー【失敗】
  15. 共同生活を証明するもの(夫が書いてくれた「私と一緒に住んでいるよ」という旨の手紙【失敗】
  16. 35mm×45mmの証明写真2枚

 

全ての書類の原本も持参しましたが、担当者によるチェック後、全て返却していただきました!!

提出したのは「⑫質問票」「⑮手紙」「⑯写真」以外、すべてコピーです。

 

書類に不備がありましたよ

順調に行くかと思いきや、⑭⑮の共同生活を証明するもの

で失敗しました…。

担当者によると、賃貸契約書に私の名前が入っていないため、共同生活を証明することが出来ないとのこと。夫が「私と一緒に住んでいるよ~」という内容の手紙を書いてくれましたが、これではダメだそうです。

契約書に私の名前を入れて夫婦共有名義にしなくてはならず、且つ夫婦共有名義の書類が最低2つは要るらしいです…。

「もう一度手続きに来い」ということで提示された日にちは…

 

なんと3か月後!!

秋やないかいッツ(笑)!!

という訳で、何事もスムーズにいかないフランス生活なのでした。

 

続きますッツ(╹◡╹)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください