私たちの日常

ゲスイことをさわやかに言うな!~フランス・ビデの使い方~

 

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

今回は、私の影響で変な日本語ばかり覚えるピーちゃんを描いてみました。

 

私はフランスに来てからあまりお風呂(シャワー)に入りません。というのもフランスは日本と比べてとても乾燥しており、加えて水が硬水のため、頻繁にシャワーを浴びると肌や髪の毛がボロボロになってしまうんです。

私がフランスに来てからシャワーを浴びなくなった理由 ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!! 私、フランス来てから、あまりお風呂に入らなくな...

 

そのためフランスへ来てからというものの、「顔や髪の毛は洗いたくないけどおまたは洗いたい」というもどかしさに悩んでします。結局、何も洗わないで数日…ということもしばしば…。

そのため、ピーちゃんはまんこを洗ったか聞いてくるんです。

 

それだったら、おまただけ洗えばいいんですけど、おまただけ洗うために服を脱ぐのもめんどくさい(笑)

そんなニーズにお応えして?!フランスでには、おまただけを洗える画期的な(?)ものがあるのです。

むぎデラックス
むぎデラックス
それがビデです!!

 

フランス発祥、ビデ(Bidet)の使い方

この謎の便器みたいなのが「ビデ(Bidet)」と呼ばれるものです。ヨーロッパ旅行中、ホテルのトイレで見かけて不思議に思った方もいるんじゃないでしょうか。

日本人だったらビデと言えばウォシュレットの機能の一つですが、ヨーロッパではこの陶器製のものを意味します。

使い方は簡単!!このビデにまたがり、性器や肛門を優しく洗います。あとはセックスの後、ちょっと性器を洗いたいときにも使えるらしい。ここで排泄してはいけません。

前述した通り、フランスではあまり風呂に入れないため、ささっと体の汚い所を洗えるビデが広まったようです。

我が家では靴を洗う時以外にビデの出番はなし!!フランス人のピーちゃんも使っていないし、もう撤去したいです。トイレ行った後にまたこのビデで局部を洗うって、メンドクサイですよ。

 

というか、

このフランス発祥のビデをウォシュレットのビデ機能として発明した日本人(TOTO)ってすごい!!!!!

嗚呼、私はTOTOのウォシュレットを我が家のトイレに取り付けたい。そしてフランスにウォシュレットを広めたい。

 

では、またねん(人´3`)⌒♡