ピーちゃんに嫉妬する醜い私




 

ちょっと昔のことを描きました(笑)

人間、誰しも持ち合わせている嫉妬という感情。源氏物語で完璧な女性として描かれていた紫の上でさえ、晩年、若くて高貴な女三の宮に対して嫉妬していましたね。

嫉妬という醜い感情を認めるのは結構つらい。本当は嫉妬なんてしたくないですよね。

ピーちゃんは頑張って日本語を勉強したから、日本語を上手に話すことが出来ます。影の努力があるからこそ日本人コミュニティーにも入れるのに、嫉妬してしまう自分…。私はフランス人どころか日本人とも上手くやれない…。なんなんだろうと落ち込むこともあります。

でも私は私。自分のありのままの性格を受け止めて、改善できるところは改善していくしかありません。

 

嫉妬を生かす方法。それは嫉妬をバネに努力すること!!だから私は悔しい、ムカつく、嫉妬する負の感情を糧にして、フランス語の勉強をしていました。

話の輪に入れない…。クリスマスの時のようなあんな惨めな思いはしたくない!!

 

でも今は「フランス語よくなったね」と言ってもらえることが多く、単純に「語学の勉強は楽しい」と思ってフランス語を勉強しています。

こうなるといい循環が出来て、どんどんフランス語が上達するのかなと思います。だから相方にも、私のフランス語下手でも褒めて!!って言っています(笑)

褒められるとモチベーションが出ますしね(*ノ∪`*)

 

そういえば最近、フランス語が唐突に頭に入る感覚がありました。これは私が17歳でニュージーランド留学した時にも感じたものです。本当にうれしかった。理解できたことが本当にうれしかった。

まだまだだけど、目標は高く!!

10年以内にフランスの大学に入学できるように頑張るのだ。

 

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ  

クリックしていただけると、ポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪





シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

4 件のコメント

  • ムギさんは、人一倍伝えたいことがあり、理解したいことがあるから、歯痒いのだと思います。嫉妬するぐらい強い原動力があるんだから、焦らず行けばいいと思います。もういい感じになって来たみたいじゃないですか(๑˃̵ᴗ˂̵)

    でもまぁ、言語が堪能でも中身のないつまらないひとより、下手でも興味深いひとと話す方が楽しいですよね。コミュ力って言葉だけじゃないんだなぁ(。-_-。)

    ところで、新しくコメントが付いたかどうかが、カテゴリーとかどこかでわかるようには出来ないものでしょうか?コメント数だけとかでも…。返事を下さったかどうか、元の記事を見に行かないとわかりませんし、昔の記事にどなたかがコメントしても気付きません。というのも、前にいただいたお返事が修正されていたの、しばらく知らないでいたので…。わたしはフェイスブックもツイートもしてないから余計そうなのかもしれないですが…。

  • montycatさんへ
    こんにちは!!
    いつもコメントありがとうございます\(^o^)/
    フランス語を話せるようになってもっともっと世界を広げたい!!優しくしてくれる近所の人ともっともっと会話したい!!一歩ずつ一歩ずつと分かっていても、どうしても焦ってしまうんですよね。焦って空回り…。今は時間があるので、しっかりフランス語を勉強して、同時に結婚準備を進めていきたいと思っています。いつも本当にありがとうございます。
    さて、ご指摘いただいた件ですが、右下にコメント御礼というウィジェットを付けてみました(n´v`n)私とmontycatさんのチャットルームのようになっております(笑) いかがでしょうか?私のコメントなんか気にしてくださって、ほんとありがたいです(*ノ∪`*) 

    • 対応早っっ!一瞬、あれ?もうあったのに注文付けちゃった?ってアセりました〜。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。