フランス生活

フランスで仕事探し②~ビザ&労働許可証の問題で働けない?!~

ボンジュール、むぎ(@muuugi105)です!!

今回はフランスでの就職活動中に理不尽な出来事に遭遇したので、その事について書きたいと思います。

 

ビザ問題で働けない?!

私はある旅行会社の求人に興味を持ち、早速履歴書を送ってみました。すると書類選考通過の連絡が!!

むぎ
むぎ
やった~!!

と喜んだのも束の間、

なんと先方から「私のビザでは働けない」と面接前に断られてしまいました。

私は配偶者ビザでフランスに入国後、OFII(移民局)で正式な手続きをしました。

私の持っている配偶者ビザは「労働許可証」の申請が必要ではなく、配偶者ビザ自体が労働許可を兼ねています。フランス共和国のホームページにもそのように書かれています。

そして配偶者ビザの滞在許可証は滞在1年目だとパスポートに貼るシールタイプで、2年目以降にカードタイプに切り替わります。

しかし、この旅行会社の採用担当者は、

男性の口コミ
男性の口コミ

カードタイプの滞在許可証でないとダメ!

の一点張り。

もちろんそんな事はなく、シールタイプの滞在許可証でも労働可能です。これまでに色々な企業、お店で面接しましたが、そのような事を言われたことは一度もありませんでした。この会社だけなぜか「カードタイプでないと雇用できない」と主張してきたのです。

私は丁寧に「シールタイプでも労働できる、何も問題がない」とフランス共和国のホームページを提示しながら訴えましたが、ダメでした。

このように、正規に手続きして滞在許可、労働許可をもらっているのに、会社側の認識不足で面接の機会が失われたのです…。

く、くやしいいいいいいいー!!

 

なかなかイラつきましたが、あきらめました\(^o^;)/

ふんッツ(笑)!!

 

海外では想定外のことも起こる!

日本だったらそもそもビザも労働許可もいらないので、このような事は起きませんね。

こちらがどんなに正式に手続きしていても、応募した会社や採用担当者の認識によって「面接の機会を失う」という理不尽な経験をすることがあるのです。

非常に残念ではありますが、「この会社とは縁がなかった」と思うしかありませんでした。

理不尽さを嘆きつつ就活を続けた結果、仕事を見つけたのでいいんですけどね…。

 

続きますッツ(╹◡╹)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください