ハネムーン

ハネムーン秘話⑫和歌山県の人は「ざじずぜぞ」が言えない?!

 

ボンジュール、

ここんとこ全く外出していなくて体調が悪い、むぎです(@muuugi105)!!

皆さんは元気にお過ごしですか?(╹◡╹)♡

 

和歌山の山奥で見つけた、おいしい中華屋さん。

中華屋の母さんとお話したら、なんと和歌山の人は「ざじずぜぞ」が発音できなくて「だぢづでど」になってしまうんだとか。

へ~へ~へ~って感じですね。

 

こんな動画を見つけました!!↓↓

ぞうりは、どうりw

全然は、でんでんw 絶体絶命は、でったいでつめいw

か、かわいいですね♡

 

この動画によると、「ざじずぜぞ」を発音出来ないばかりでなく書けないようなんですが、これは色々と不便なような気がしないでもない…。

ちゃんと小学校で習いますよね?!まさか和歌山の小学校だけ、ザ行を抜かして教えてはないよねw

 

なぜ和歌山県の方は「ざじずぜぞ」が言えないのか知りたいです。

ヤフー知恵袋に「なぜ和歌山の人はざじずぜぞが言えないのか」の回答に対して、面白い回答がありました。

日本語にRとLの発音の違いが分からないのと一緒でざじずぜぞの概念が無いのでしょう。

 

確かに英語のRとLの発音って、日本人には同じに聞こえます。でも英語話者の人からしたら、全く違うのですよね。私は英語の勉強をし始めてから、RとLの発音の違いが分かるようになりました。

こうゆうのって慣れですね。

小さい頃に「ざじずぜぞ」の音に接していないから、発音するのが難しいんじゃないかな。

現代はテレビもあることだし、最近の若い子はちゃんと「ざじずぜぞ」が発音できると思います。

 

むぎ
むぎ

でも方言って、本当にいいものじゃないですね。地域の誇りですよ。

ぜひ、これからも和歌山の方には「ざじずぜぞ」を発音しないでいただきたいw

今回の和歌山旅では、和歌山の方言に接する機会がなかったので、次はぜひ地元の方とお話ししてみたいです。また和歌山、行ってみっぺ。

 

和歌山の山奥の中華料理屋さん

このお店、本当においしかったです。こんな和歌山の山奥でこんなにおいしい中華料理を食べれるとは!!

むぎ
むぎ
ギョーダ、ギョーダ、うまかったです。

 

 

ではまたね♡

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください