新婚旅行(ハネムーン)先に和歌山県の熊野古道を選んだ理由!ルート、予算など、まとめ

 

こんにちは、むぎです(@muuugi105)!!

私事ですが、先日新婚旅行(ハネムーン)というものをしてまいりました。

今の時代、新婚旅行と言えば海外へ行く方が多い中、私たちが選んだ行先は「三重県の伊勢神宮、和歌山県の熊野古道、高野山」!!

渋ッって思いました?ww

た、たしかに新婚旅行先としては渋いかもしれませんが、良かったですよ。新婚旅行は国内で…と考えている方に参考になるよう、オラたちの新婚旅行を紹介させてください。

 

新婚旅行先に「三重、和歌山」を選んだワケ

まず私はめんどくさいので新婚旅行へ行きたくなかったのですが、ピーが新婚旅行へ行きたいと言い出しました…。どうせ行くなら自然の中でのんびりしたいという夫婦共通の思いがあり、

候補地として

  • ニュージーランド
  • ニューカレドニア
  • 北海道の知床
  • 宮崎県の高千穂
  • 鹿児島県の屋久島
  • 静岡県の伊豆

 

…などがあったのですが、最終的に三重、和歌山に決まりました。

 

なぜ三重&和歌山を選んだかというと、

ピーちゃんが

ピーちゃん
熊野古道に行きたい

と言いだしたからです。

 

私は

むぎ
熊野古道???なんじゃそらっ。よくもまあ、マニアックな場所を見つけてくるなあ

と思いましたが、調べてみるとなんだかおもしろそうな場所でした。

 

熊野古道とは

熊野古道とは、和歌山県にある熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)という聖地を目指して歩く巡礼の道のこと。

熊野は黄泉(死者の国)の入り口として考えられていました。熊野を参拝することで、自分の穢れを祓い、先祖の霊と出逢い、再びよみ(黄泉)がえることが出来ると考えられています。

という訳で「熊野の大自然からパワーをもらい、自分を見つめ直し、生まれ変わろう」と熊野行きを決めたワケです。ま、大自然すぎて後悔したこともあったのですが…。それはのちのちマンガに描きたいと思います(汗)

その熊野古道に、伊勢神宮そして高野山を前後に組み合わせ、私たちのハネムーンは「最強パワースポット巡り」となったのでした。

 

国内新婚旅行の日程、ルート

おおまかにいうと、旅は8泊9日。名古屋駅まで新幹線で行き、三重県の伊勢でレンタカーを借りて伊勢⇒熊野⇒高野山と移動しました。Google Mapsでざっくり表示させてみます。

むぎ
こうやって見てみると結構移動しましたねー。全部オラが運転したんだぞおおー。事故らなくてよかった!!生きててよかった!!
ピーちゃん
ほんとアリガトウー!むぎー!がんばった!!

本当に感謝していただきたい。

 

ピーちゃんは関西空港からそのままフランスへ帰り、オラは一人で大阪から三重の伊勢市駅まで約160キロ運転したんだよー!寂しかったわー

 

費用について

あんまりちゃんと計算していなかったのですが、だいたい17万ぐらいだと思います。

主な費用はレンタカー代3万、ホテル代10万、新幹線代3万、あと食事代、お土産代とこまごま。

高いんだか安いんだか分かりませんが、こんな感じです。特に贅沢はしていません。一番の贅沢はお夕食をお部屋で食べたこと。海の幸を堪能しました~!お刺身、おいしかった~!

という訳で

ざっと私たちの国内ハネムーンを紹介しました。

国内旅行、いいですよー。日本人の私が知らなかった日本の魅力を知ることができてヨカッタです( ◠‿◠ )ピーも喜んでたし( ◠‿◠ )

これからザクザク、ハネムーン記事書いてきますよー!乞うご期待。では

 

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

上の画像をクリックしていただけるとポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪


シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください