手続き&ビザ関係

日仏の国際結婚:日本で結婚するための手続き③在日フランス大使館へ報告的届出をする

日仏の国際結婚について記事一覧
日仏の国際結婚:日本で結婚するための手続き①婚姻要件具備証明書をゲットせよ!
日仏の国際結婚:日本で結婚するための手続き②日本で婚姻届を提出の巻
日仏の国際結婚:日本で結婚するための手続き③在日フランス大使館へ報告的届出をする ←今回はここ!
日仏の国際結婚:日本で結婚するための手続き④家族手帳(Livret de famille)ゲットだぜ!
日仏の国際結婚:フランスへの移住を目指して①フランス人の配偶者ビザ申請
日仏の国際結婚:フランスへの移住を目指して②フランス人の配偶者ビザ取得

 

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)。

私たちが日本で結婚した時の手続きについてアレコレ書いておりますー

前回、無事に日本の役所へ婚姻届を提出した私たち。
[kanren2 postid=”8469″]

日本人カップルだったらこれで終了~ですが、国際結婚組の私たちはまだやることがあります。

今の状態では、日本でのみ「結婚したこと」になっているので、私たちが結婚した事実をフランス側へも報告する必要があります。

これを「報告的届出」と言うそうです。

 

フランス大使館へ報告的届出をするための書類

届出をするために必要な書類を揃えていきます。

私たちが用意した書類は以下の通り。

 

  1. 婚姻届記載事項証明書(アポスティーユ付)
  2. 1のフランス語訳(Declaration de mariage)※フランス大使館HPでダウンロードできます※
  3. フランスの戸籍へ転記するための申請書(demande de transcription d’acte de mariage)※フランス大使館HPでダウンロードできます※
  4. レターパック360(家族手帳を送って欲しい住所を記載する)

 

まず、①の婚姻届記載事項証明書にアポスティーユを付けなければなりません。

アポスティーユってよく分からないけれど、日本の公文書に対して外務省がなんか証明してくれるものらしいです。外務省の窓口でも申請できますが、私は遠方なので郵送で申請しました。申請の手数料は無料です。

詳しくはこちら⇒外務省

私の場合ですが4月19日に申請書類を郵送し、6日後の4月25日にアポスティーユ付きの書類が届きました。

 

②、③の書類についてはフランス人の相方に記入してもらいましたよ。

 

というわけで、上記4つの書類を揃え、フランス大使館に郵送して終わり。後日、フランス大使館から家族手帳と呼ばれるものが届く予定でーす。

ちなみに入籍した日から3か月以上経ってから報告的届出を行うとめんどくさいことになるので、とっとと書類を送っちゃいましょう。

ここまで順調だぜ。

 

続くッ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください