アラサーになって私もようやく藤田まことさんの魅力が分かった




必殺仕事人Ⅳがおもしろい

子供の頃、お父さんが藤田まことさん主演の「必殺シリーズ」とか「はぐれ刑事純情派」を見ていて、一体この人の何がいいんだろうって不思議に思ってたんですね。

今年4月ごろ、15年ぶりぐらいにインフルエンザになってしまいまして。(まだ日本にいた時のことです)ヒマでヒマですることなかったから普段見ないテレビを見たんですよ。

平日の午後に「必殺仕事人Ⅳ」と「はぐれ刑事純情派」が放送されていて、すぐに毎日見るようになりました。特に必殺仕事人、単純におもしろい。ストーリーはワンパターンで結末は分かっているんだけど、おもしろい!

 

そして分かった!

藤田まことさんは正直、2枚目ではないけれど(失礼)、藤田さんから溢れ出る渋さ。魅力。存在感。なんというか見ていて落ち着くんですよ。

残念ながら2010年に亡くなられましたが、藤田さんみたいな俳優っていない、唯一無二の役者さんだったんだなって思いました。

 

必殺シリーズとは

必殺シリーズは簡単に言えば、表向きは善良の市民が裏で暗殺家業を請け負い、悪人を成敗する時代劇です。私が見ていた「必殺仕事人Ⅳ」は必殺シリーズの一つで、主人公の中村主水(なかむらもんど)を藤田まことさんが演じています。

この主水、今でいう警察官のくせに賄賂を受け取って犯罪を見過ごしたり結構抜け目ない。しかも裏稼業で暗殺をしているっていう…。おっかね~。ところが私生活では、婿養子なので立場は弱いっていうこのギャップですね。番組の最後は決まって小芝居があるんですよね。菅井きんさん演じる姑の「婿殿~!!」がおもしろいんですよ~!大抵、主水がディスられて終わりです(笑)

ちなみに主水夫妻には子供がいなくて、それで主水は妻と姑から「種無しカボチャ」っ言われています…。不妊の原因はどっちか分からないのに主水と決めつけるなんてかわいそう…。

そしてなぜか主水の上司がオカマ口調なんですよね。声高々に「中村さんッッ」って感じ。いいキャラです。

ちょっと「えっ?!」っていうタイトルも多かったな。

例えば、「主水 犬にナメられる」「主水 節分の豆を食べる」 「主水 大根めしを食べる」 「加代 パン作りに挑戦する」などなど。え、そのテーマで1時間もちますかっていう感じ(笑)

今でいう放送禁止用語も結構使われていて、メディアの表現に対して寛容な時代だったように思います。

 

印象に残ったエピソード!

私が印象に残っているエピソードは「主水、老人問題を考える」っていう回。

簡単にエピソードを。

今でいう老人ホームみたいな所に入所したおばあちゃんが、入所直後に亡くなってしまう。実際は老人ホームを運営している悪人どもによってそのおばあちゃんは殺されたわけです。で、その老人ホームの実態を知った主水と仲間たちが悪人どもを成敗するという話です。

よく考えればすごい内容ですよね…。

てか主水、老人問題考えていたかな?!

 

見て見て必殺シリーズ

必殺仕事人Ⅳは私が生まれる前に放送されたドラマだけど、今見てもおもしろい!

名作は色あせない。

お時間があるときに皆さんもどうぞ。٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

 

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ  

クリックしていただけると、ポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪





シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。