日本での出来事&一時帰国

メディカルカッピングで汚れた血を抜いてみた時の話

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

私は2016年7月、東京で「メディカルカッピング」という汚れた血を抜く治療を受けました。

「そんな怪しい治療あるの?」って思うかもしれないけれど、あるんです。その時のコトを書いてみますね。^m^

 

なぜ「カッピング治療」を受けたか

28歳ぐらいでしょうか。突然、肌に赤みが出てしまっていて、何とか治そうと奮闘していました。ネットで色々調べている内に、東洋医学の考えに基づいて様々な肌トラブルの治療を行っているクリニックのホームページを見つけました。

そのホームページによると、

老廃物などで汚れたドロドロの血を「お血」といい、そのお血が様々な病気や体調不良を引き起こしている

とのことでした。

老廃物や毒素がたまる原因としては、

  • 肉・魚の取りすぎ、甘い物の取りすぎ、添加物の取りすぎ、野菜不足
  • 腸内環境が悪い
  • 運動不足などで汗をかかない
  • ストレス

などが挙げられるそうです。

大切なのは体に老廃物をためずに、出してあげる(デトックスする)こと。

そしてこの老廃物を出すために行われている治療の一つが

「メディカルカッピング」でした。

私は「コレいいかも~!」と思って、恐る恐る「メディカルカッピング」を受けてみることにしたのです。

 

私のメディカルカッピング体験

まず「カチャッカチャッ」と細い針を体に刺し、真空カップを使ってドロドロに汚れた「お血(けつ)」を体から取り除いていきます。

むぎデラックス
むぎデラックス
正直、痛い!!!の一言です(笑)

 

個人的な感想としてはレーザー脱毛よりも痛かった~。ヒ~!

針を刺されるのもそこそこ痛いけれど、真空カップで血を吸われている時が痛いのです!!皮膚が「これでもかッツ」っていうぐらい引っ張られます…!!

自然と涙が出ていました(笑)

メディカルカッピングしたのは顔と肩、背中の10か所ぐらいですね。トップの写真みたいな真っ赤な丸い跡がつきました。

吸い取った私の血を見せてもらうと、とんでもないドロドロの血!!!!

そして色が赤ではなく、どす黒い赤でした…。正直、私は私の血がサラサラだと信じていたので、ショックでした!!

スタッフの方いわく、

スタッフ
スタッフ
メディカルカッピング治療を続けていけば、段々ドロドロした血がなくなっていきますよ

とのことでした。

 

ただやはりカッピング治療自体はとても不自然なものですよね。

やっぱり大切なのは、日々の生活習慣、食生活を改善していくことだと思いました。

 

カッピング後にフランス人彼氏と8か月振りの再会

当時は岩手に住んでいたので、なかなか東京に行く機会がなかったんですよ。

なので日本ーフランスで遠距離恋愛をしていたフランス人彼氏と、東京で8か月振りに再会する3時間前に「メディカルカッピング」を受けたんですね。

8か月ぶりに私を見た相方は「オーマイゴッド!!」と叫んでいました。(笑)

ピーちゃん
ピーちゃん
ホント、ビックリしたよー(笑)

 

写真は背中だけですけど顔にもカッピングしたので、顔も真っ赤に腫れ上がってたんですよ(笑)

私自身もこんなに跡になるとは思いませんでした!!

むぎデラックス
むぎデラックス
ちなみにこの跡はだんだん薄くなり一週間ぐらいで完全に消えますよ~

 

メディカルカッピングの効果&治療費

メディカルカッピングを受けた後は、なんか「スッキリ」した感じでした。

定期的に通いたかったのですがフランスへ行かなければならなかったので、治療を受けたのは結局2回だけ。「症状の改善」とまではいきませんでした。

そして治療費ですが、高いです!!

保険が効かないので、実費なんですね。

 

まとめ

  • 「メディカルカッピング」は究極のデトックス!!
  • 治療自体は痛い
  • 保険が効かないので高い
  • 一番大切なのは生活習慣を整えて老廃物を溜めないこと

 

以上です。

私が受けたクリニックの名前が知りたい方は問い合わせください。

ではまた(╹◡╹)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください