私たちの物語①29歳の憂うつ~結婚式場を一人で決めた女~




先日、ブログを読んで下さっている方からメールをいただきました。

許可をもらったので、掲載したいと思います。

 

むぎさん、はじめまして。突然すみません!

2017年で30歳になるため、彼氏いない・結婚できるか不安でいろいろネットで検索していると、むぎさんのブログにたどり着きました。

フランスに行かれたきっかけ・フランス人男性との出会いが知りたいです!教えて頂けないでしょうか? よろしくお願いします。

むぎ
メール、うれしいです。\(^o^)/ ありがとうございます。

私は、一方通行な情報発信ではなく、色々な方と関わっていける”憩いの場”?(笑)、みたいなブログを目指したいと考えています。

「こんなコトが知りたい」などご意見・ご要望がありましたら、問い合わせからでもコメントからでも書いていただけると、とってもうれしいです\(^o^)/

 

という訳で「私たちの出会いから恋人同士になるまでの、すったもんだのストーリー」を描いていきたいと思います。

 

始まりは29歳から。

では、どうぞ。

 

私が実際に決めた結婚式場がここ↓

felice-g-hibiya.com

ホームページからして、かわゆい!!╰(*´︶`*)╯

 

でも当たり前ですが、結婚式場って結婚が決まり、そして夫婦2人で決めるものですよね。親御さんの意見を考慮する方も多いのかな。

そんなこと考えずに、とにかく29歳だ!来年30歳だ!やばい!!結婚したいから結婚式場を探そう!!という安直な当時の自分に、「コラッ~!」って言いたい。

なんだったんだろう…。

本気で探してたから恐ろしい!!

 

 

今のフランス人彼氏と結婚式をするとしたら、日本人っぽく神社で「神前式」がいいかな。相手の両親も喜んでもらえそうだし。

白無垢、着たいなぁ。

そして相方には紋付き袴、着て欲しい~!

 

ってやばい。まだプロポーズもされていないのに。また暴走して結婚式のことを考えるのはやめよう。

 

もうフランスは夜の1時を回ったから、寝ることにいたしましょう。

 

では、皆さん、

アビアント~

 

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ  

クリックしていただけると、ポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪





シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

2 件のコメント

  • 待ってました〜馴れ初め!
    岩手で知り合ったフランス人彼氏という設定(いや設定ではなく…えっと、シチュエーション?)にやられました。わたし岩手出身なもので…。 トーホグ人は鼻濁音が発音出来るからフランス語に向いているという説がありますが、どうでしょう。
    あと…お尻がくさいっていうの、インパクトがあるんですが、ぐ、具体的にどういう…(ほんとに知りたいのか、わたし?)

    • montycatさん
      コメントありがとうございます\(^o^)/
      岩手出身でしたかー!いいですねー!! 東北の方言とフランス語の音が似ているとは聞いたことあります。音は似ているのかな…?!
      お尻くさいエピソードは後々描いていきます^m^ ぜひ読んでくださいね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。