フランス生活

海外移住☆フランスへ船便&SAL便で荷物を送る

 

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

 

今回は私が海外(フランス)へ荷物を送った時の経験を書いていこうと思います。

私がネットで検索したところ、残念ながらフランスの郵便の評判はあまりよくありませんでした。しかし、今まで5回ぐらい利用しましたが、いずれも無事に荷物が届きましたよ!!\(^o^)/

 

船便を利用した時

  • カーペットや洋服などを入れて送りました
  • 料金は約6000円。
  • 郵便局の係りの方に「3か月ぐらいかかる」と言われたが、約2か月で届きました\(^o^)/
  • 8月12日、地元の郵便局から発送⇒10月8日、自宅に届きました
  • 切手でも郵便小包を送れると聞いたので、いらない切手を貼りつけて送りました
  • 段ボールがちょっと破損していました
  • ネットの書き込みに「切手を無断で持って行かれた」なんてのもあったけど、段ボールに貼った美空ひばりや石原裕次郎、ドラえもんなどの切手はそのままくっついてました

 

SAL便を利用した時

※2018年10月23日現在、フランス宛てのSAL便は休止となっております!!※

  • 母に日本の食料品&冬服などを送ってもらいました
  • 荷物の重さは約13キロ。料金は約1万5350円。
  • 11月17日、地元の郵便局から発送⇒12月1日、自宅に届きました
  • やっぱり段ボールが破損していて、郵便局(ラ・ポスト)のテープでグルグル巻きにされていました…(笑)

 

SAL便とは

日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送するので、船便より速く、航空便より安いサービスです。

日本郵便ホームページより

 

海外へ荷物を送るときの注意

  • 私はこれまで無事に全ての荷物が届きましたけど、郵便事故の可能性はゼロではありません。最悪、なくなってもいいものを送るようにしましょう!!
  • 「これでもかっ!」ていうぐらい過剰な梱包をしましょう。日本と違って、海外の郵便局は荷物の扱いが雑です。
  • 発送ラベルの控えは「お問い合わせ番号」が記載されているので、大切に保管しておきましょう。ネットから荷物の追跡が出来ます。(便利な世の中ですね!!)
  • 郵便物などが届かなかった場合は、郵便局で調査してもらえます。郵便物等事故調査依頼処理システム-  INAA00G00:インターネット申告受付トップページ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください