途中降機をしてみたけど、なんだかモヤモヤしたんだ




シリーズ一覧はこちら⇒ フランス~ヘルシンキ&タリン旅行

 

 

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

 

私は日本へ帰る時に、ヘルシンキで途中降機(ストップオーバー)して、日本へ帰国しました。しかし、この途中降機、なんだかよく分からないシステムですよね?!

今回私は初めて途中降機してみたのですが、色々モヤモヤしたので、ブログに綴っていきたいと思っております。

 

途中降機モヤモヤ①

まず、途中降機するために追加料金1万円を支払いました。この時は、「日本へ帰る途中にヘルシンキにも行けるんだから1万円ぐらいいっか」という感じ。

途中降機モヤモヤ②

1年間有効の航空券を購入しましたが、1年後の帰国日を予約できませんでした。コンピューターのシステム上、そういうことになっているらしいです。そのため、予約時点で入力できる最長日に一旦指定し、出発後現地で本来の帰国日に変更する必要があるのです。

そして渡仏して4か月ほど過ぎた頃、そろそろ航空券の日付を変更しようと思い、航空会社に電話しました。

しかし、!!

私が購入した航空券は一番安い席だったらしく、担当者から「同じクラスの席はもう満席。もう一つ上のクラスの席なら空いているが、追加料金を払う必要がある」と説明を受けました。エコノミークラスと一口に言っても、なんだか色々クラスがあるらしいですよ。

そんなこんなで、また1万4千円ぐらい追加で払うことになりました…。

途中降機モヤモヤ③

そしてマンガにも描きました。

手荷物の超過料金として30€払った話。

これ、全然納得できませんね。

最初購入したJALのチケット。パリ―成田間の直行便です。JALはエコノミークラスの預け手荷物2個まで無料なんです。で、パリーヘルシンキ間で利用したフィンエアーは1個。なので、その区間の手荷物1個分の超過料金を払うように言われました。

最初に購入したのがJALなわけですよ。途中降機を利用して他社の飛行機を利用したとしても、メインで使用する航空会社の規定を全ての路線で適応してほしいと思いました…。

これに関しては予約した会社からは何の説明もなかったので、まさに「青天の霹靂」でしたよ。まさかパリに荷物置いていくわけにもいかず…、仕方なく30€払いました。

なんだかモヤモヤ…。

途中降機モヤモヤ④

途中降機は経由地の空港で、一旦荷物を受け取る必要があります。

そのため、私みたいにワーホリや留学帰りで大荷物を持っている人は大変です!!大荷物と一緒に旅行するはめになります。ロッカー代もバカにできないよーん泣

途中降機モヤモヤ⑤

わざわざ成田ーパリ間の直行便の高いチケットを買ったのに、上記に書いた通りなんだか色々と追加費用が掛かりました。

これなら最初から直行便の高いチケットを買わないで、安い乗継便のチケットを買った方がよかったのでは?!

または

フランス滞在中に単独でヘルシンキへ旅行した方が安かったし、身軽だったのでは?!相方も一緒で楽しかったかも?!

と思う今日この頃…。

 

途中降機まとめ

もちろん、ヘルシンキを旅行できて楽しかったですし、最高にいい思い出になりました!!╰(*´︶`*)╯

ですが、あれこれ書いた通り、途中降機にあまり価値を見いだせない…というのが正直な感想。そのために途中降機の情報が少ないのかな~なんて思ったりしました。

参考になれば幸いです。

 

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

上の画像をクリックしていただけるとポイントが入り、ランキングが上がる仕組みです。応援よろしくお願いします♪





シェアしていただけるとハッピーです(n´v`n)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。