国際結婚手続き&ビザ関係

OFII(移民局)との戦い

ボンジュール、むぎ(@muuugi105)です。

フランス入国から早3か月…。

フランスへ長期滞在するにはビザ+フランスに来てから滞在許可証と言うものを取得しなければならないのですが、実は手続きが滞っております!!

滞在許可証をゲットするには、

  1. フランス入国後に移民局へ必要書類を送付
  2. 移民局から召喚状が来る
  3. 移民局で手続き&健康診断
  4. 滞在許可証の発行

って流れらしいですが、私たちは「移民局へ必要書類を送付」をした後、全く手続きが進んでおりません…。実は私たちはフランス入国後に引っ越ししたのですが、この事が原因で未だに移民局の手続きが終わっていない状況です。

フランスは行政サービスが悪いとは聞いていたけど、まさかこんなにヒドイとは…。まさに今、フランスと言うテキトー大国の洗礼を受けてまーす(@_@;)

今回はこれまでの「私VSフランスの移民局」との戦いを書いていきたいと思います。

これまでの流れ

  • 2018年10月12日⇒ 配達証明でマルセイユの移民局へ書類を送付

引っ越し前か引っ越し先か、どちらの管轄の移民局に書類を送ればいいのか分からなかったので、電話で問い合わせてみましたが通じず…。とりあえず引っ越す予定の旨を書いた手紙を付けて、引っ越し前の管轄の移民局に書類を送りました。

 

  • 2018年10月17日⇒ 書類受領の配達証明が届く

 

  • 2018年11月16日⇒ マルセイユの移民局から書類が届く

中には「引っ越し先の管轄の移民局に書類を送って下さい」と書かれた手紙と、私たちが送った書類が入っていました。あとなぜか香港の女性の書類も一緒に交じっていましたw

この時点で1か月、時間を無駄にしています…。

 

  • 2018年11月19日⇒ 配達証明でパリの移民局へ書類を送付

書類を送った時点で私たちはどこの街に引っ越すのか決まっていなかったのですが、なぜか夫は書類をパリの移民局へ送ってしまいました。私はパリとパリ近郊は1か所の移民局が管轄していると思っていたのですが、実際は複数の管轄に分かれていたのです…。

この事に私が気が付くのは書類送付してから1か月半後のことです…。

 

  • 2018年11月22日⇒ 書類受領の配達証明が届く
  • 2018年12月18日⇒ パリ近郊へ引っ越し

 

  • 2019年1月⇒ 年が明けても一向に移民局からの召喚状が来ず、焦る
  • 2019年1月8日⇒ よく調べてみると、私たちが引っ越した街は、夫が書類を送付した移民局の管轄と違うことが判明(私もバカだったな~)

 

  • 2019年1月9日⇒ 夫が書類を送ったパリの移民局へ片道1時間半かけて出向く

電話しても通じないので、仕方なくパリの移民局へ行ってみました。真冬に外で2時間待たされた挙句、受付のおばんからはヒステリーに怒鳴られるわ、ボディーガードからは「シノワ(中国人)」と言われるわ、散々な目に遭いました…。

この時分かったことは、私たちの書類は移民局の本部的な所にあるらしいということ。ヒステリーなおばんに「移民局の本部的な所へ行ってみろ」と言われました。

 

  • 2019年1月10日⇒ 移民局の本部的な所へ片道2時間かけて出向く

こちらの移民局では部屋の中で待たせてもらえたし、パリの移民局より皆さん親切でした!!

この時分かったことは、私たちが送った書類はないから(なんでだよw)、また新しく書類を作成して引っ越し先の管轄の移民局へ送れということ。

つまり、こんだけ色々やったけど、結局振り出しに戻ったってこと!!
フ、フランス共和国、バンザイ\(^o^;)/!!

パスポートのコピーなどはまたコピーして用意すればいいですが、問題は在日フランス大使館からハンコをもらった書類(滞在許可書の申請書)です。原本は移民局に送ってあるので返してほしいと訴えましたが、移民局の担当者いわく「そんなことは大した問題じゃない」とのことw 「ハンコがなくても大丈夫だから、移民局のサイトから申請書をダウンロードし、下半分を記入して送れ」と言われました…。

信用できね~www

 

  • 2019年1月11日⇒ 書類を揃えて、引っ越し先の管轄の移民局へ送付
  • 2019年1月17日⇒ 書類受領の配達証明が届く

…って感じです!!

 

そんな訳でフランス入国から3か月過ぎたのに、未だに移民局から召喚状すら届いておらず、滞在許可証も取得していない状態なんです…!!

滞在許可証がないのでフランスの健康保険にも入れないし、働くことも出来ない…!!

むぎデラックス
むぎデラックス
もどかしすぎる…!!

 

こうなった一番の原因は「夫が引っ越し先も決まっていないのに、書類をパリの移民局に送ってしまったこと」だと思います。そして夫任せにしていた私も悪い!!これを反省して、今後は私主導で手続きを進めていきたい…。

しかし移民局も、引っ越す予定だからって私たちの書類を本部に送り、音沙汰ナシってひどくねぇか?普通、私に問い合わせない?しかも結局送った書類は紛失…。

まぁフランスの行政は融通が利かないし、なんか便宜を図ってくれるなんてことも皆無に等しい…。日本だったらそもそも最初から電話で対応してくれると思いますが、なぜか移民局は電話が通じない…。夫曰く「職員たちはコーヒー飲んでるから忙しい」とのことw!

フランスがメンドクサイ国なんだってことは分かっているので、こっちがしっかりと頭を働かせ色々先読みして動かなければ。そして移民局の電話は全く通じないので「足で稼がなければならない」ということを学びました…。

今後は移民局での手続きが順調に進み、一刻も早く滞在許可証を取得できるよう祈るばかりです…。神様、お願いしますッツ!!

入国後すぐに引っ越しを予定されている方。絶対、引っ越し先の管轄の移民局に書類を送付して下さいネ!!

 

ではまた(╹◡╹)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください