海外生活

日本じゃ考えられない!!フランスで起こった3つの出来事!

ボンジュール、むぎ(@muuugi105)です。

皆さま、お元気ですか? 私たちは最近、アパート探しとか色々大変で、ワタワタしておりました。

改めてフランスで暮らし始めて1か月。フランス生活に慣れたような慣れてないような感じですが、先週「日本じゃ考えられねー!!」と思うことが3つ連続で起こったので紹介したいと思います。

①1時間以上遅れたSNCF(フランス国鉄)

ストライキと遅延でおなじみ、フランスの国鉄SNCF。でも私はこれまでラッキーなことにあまりトラブルに遭遇したことがなかったんです。この前も南フランスーパリ間を高速鉄道TGVで移動しましたが、2等クラスを予約したのになぜか1等クラスでとても快適な旅が出来ました(╹◡╹)♡

ところが先日、パリからアビニョンという街を経由して私たちが住んでいる町に帰ろうとした所、電車のトラブルに遭遇しました。

私たちが乗る予定の電車が一向に来ないのです。

早く帰りたい…

乗客同士「お互い大変よねー」のアイコンタクトをしながら待つ事1時間とちょっと、ようやく電車がやってきました。しかもなぜか到着ホームが変わるとのアナウンスがあり、階段を下りで別のホームを移動する私たち…。

「なんで私たちが移動しなきゃいけねーんだよ。イライラ」と思いつつ、乗り遅れたら嫌なので渋々移動しました(笑)

 

こういう時に思うのが、乗客たち(フランス人)の忍耐力がハンパないってこと。

日本で電車が1時間以上遅れることってあまりないですよね!!10分以上遅れたら大事です。

しかしここはフランス。フランスでは電車がよく遅れるしストライキも起こすので、フランス人の乗客は日本人みたいに慌てない。「またか~」って感じ。

それに電車だけでなくスーパーでも市役所でもよく待たされるので、フランス人の忍耐力は日本人を上回っていると思います。ピーちゃんも然り。

ピーちゃん
ピーちゃん
ムカつくけど、どうしようもないからねー…

 

そんな訳で1時間以上遅れてやって来た電車。本来だったら目的地に到着している時間に出発することに…。

フランスのすごい所は、まるで何事もなかったかのように、電車が運行されていること。

もちろん遅延したことへの謝罪はなし!SNCF職員も全く悪びれている様子はなし!手をポッケにつっこんで立っているだけ!

これがフランスだよ。

 

超イライラしたけど、これがフランスだと思って自分を納得させました。ハイ。

ちなみにピーちゃんもSNCFにはかなりイライラしている模様。ピーのSNCFでの最悪の体験は、仕事帰りに乗った午後6時発の電車が故障して動かなくなり、ようやく到着したのがなんと深夜0時だったそうです…(本来は1時間弱で着く電車です…)

衝撃的すぎる。

ピーちゃん
ピーちゃん
この時はフランスに住むのイヤーと思ったよ(笑)

でしょうね(笑)

 

SNCFって電車の故障が頻発しているんだけど、普段からちゃんと整備しとけッツって話なんですけどね。

故障するのは仕方ないとして、SNCF職員の高慢な態度が腹立つわ!!

ちなみに高速鉄道TGV(新幹線みたいなやつ)よりも普通列車TERの方がよく遅れるらしいです。フランス旅行を計画している方は電車が遅れる可能性があるので、余裕を持ったスケジュールを組んだ方がいいかもしれません。

 

②キッチンにトイレを置くフランス人

先日、新しいアパート探しのため、とある物件を見に行った時の出来事です。建物もしっかりしていて内装もキレイだし、とっても使い勝手が良さそうなキッチンが備わっている物件で、ピーちゃんが気に入ったようでした…

がしかし、トイレを見てみると便器がない。あれ?と思ってキッチンを見てみると、なんとトイレ(便器)がキッチンのシンクの所にあったんです!!

不動産屋さんは

不動産屋さん
不動産屋さん
トイレの配管に問題があって修理中だから、とりあえず便器をキッチンに置いているだけよ

とサラリと言っていたけど…。

 

考えられなくないですか?(笑) 私が神経質すぎるの?(笑)

だってこのキッチンで料理するし、皿とか洗うんだよ…

新しいトイレじゃないですよ?!誰かが使ったトイレをキッチンのシンクに置くとは…。無理~!!

結局この物件は私の大反対で止めました(笑)

 

むぎ
むぎ
キッチンにトイレが置いてある部屋なんてやだし
ピーちゃん
ピーちゃん
い・ち・じ・て・きだよー。すぐトイレに戻すから問題ないじゃない。私はいいと思うけどね

てかむしろトイレがキッチンのシンクに置いてある時に物件を見に行ってヨカッター。知らないまま契約してたら、あのシンクで料理することになってたもんね。

知らないって怖い…

 

③役所仕事がテキトーなフランス人

最後にフランス在住者ならばおなじみ!フランス役所のテキトーすぎる仕事ぶりを紹介したいと思います。

先日、移民局(OFII)から私宛の封書が届いたのですが、中を確認したところ、なんか見慣れない書類が入っていました。「なんじゃこりゃ」と思って見てみると、私の書類に交じってなんと別の人の書類も同封されていました。

しかもその書類は滞在許可書の申請書やパスポート&ビザのコピーなど、現在の住所、電話番号、母親の旧姓まで記載された個人情報満載の書類でした。

むぎ
むぎ
個人情報の取り扱いが雑すぎー!!

 

今回は私が他人の情報を見る側でしたけど、逆だったら、私の書類が他人の郵便物に入っていたら絶対にイヤですね!!

もっとフランスの役所、しっかりして欲しい…。

持ち主は私と同じくフランス人と結婚した香港の女性の物。家が近くだったという事もあり、書類を届けてあげました\(^o^)/

その女性は全くフランス語が話せませんでしたが、英語で説明したら超しかめっ面でした(笑)

むぎ
むぎ
気持ちは分かる!ウンウン

 

まとめ

以上、日本じゃ考えられないことが立て続けに起こったので書いてみました。

フランスは先進国のはずなんですが、時々信じられないようなことが起こります。

この国はよくストライキやデモなどを起こして権利はものすごい主張するくせに、義務を果たしていないような…。まあ一言で言えば、いい加減な国です。

いい加減なので、私もこの国ではいい加減に生きるようにしています。

それもなかなか大変ですが、力を抜いてフランス暮らしを楽しみたいと思います!

むぎ
むぎ
いちいちイライラしていたら大変ですから。ニコニコ

 

ではまた(╹◡╹)♡

POSTED COMMENT

  1. とみー より:

    私も今ニュージーランドでフランス人の女の子とシェアルームなのですが、かなり気にしない性格で私の方が気になっちゃってます…。
    彼女の個性かと思っていましたがお国柄なのかもしれませんね。笑
    けど、もう少し共用で使うものは気を使って欲しい!笑

    • mugichan より:

      とみーさんへ
      ホント、そうですよね。お気持ち分かりますよ…。
      私は夫だから一緒暮らしていますが、他人だったらムリですね(笑)
      フランス人に空気を読めと言っても難しいと思うので、ヒドイようでしたら直接言った方がいいと思います。ケンカごしではなく、私はこう考えているみたいな感じで(╹◡╹)♡
      むぎ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください