ハネムーン

日本最古・湯の峰温泉で、世界遺産の「つぼ湯」に入ってきました!!

ボンジュール、むぎです(@muuugi105)!!

明日から6月ですね。皆さま、いかがお過ごしですか?(╹◡╹)♡

 

今回、私とピーちゃんはハネムーンで和歌山県の熊野古道へ行ってきました。

熊野古道をえっちらおっちら、歩いた私たち↓

[kanren2 postid=”8760″]

 

泊まったホテルの近くに「湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)」という温泉があったので、行ってみました。

ここの名物は、何と言っても世界遺産に登録されている「つぼ湯」です。

なんと2、3人でいっぱいになってしまう貸切風呂なんですよ( ◠‿◠ )

 

湯の峰温泉とは

(湯の峰温泉のくすり湯です)

 

湯の峰温泉とは、なんと1800年の歴史を持つ日本最古の温泉です。つぼ湯だけではなく、一般湯とくすり湯があります。

湯の峰温泉の第一印象としては、、、

むぎ
むぎ
外国人がいっぱい!!

地元の人いわく、最近は外国人のお客さんがとても多いとのことです。私たちが行った日は、確実に日本人より外国人の方が多かったです。

 

(温泉に入る前に、薬師如来さまに手を合わせました)

 

それから私たちは平日の午前中に行ったのですが、そんなに混んではいませんでした。土日は混むのでしょうね。

 

つぼ湯に入ってみた!

こちらの券売機でチケットを購入します。つぼ湯の入浴料は1人770円。隣の受付で番号札をもらい、浴場まで持って行きます。

ちなみに、つぼ湯の入浴料を支払えば、追加料金なしで一般湯とくすり湯に入ることが出来るそうです。

 

(9の番号札が見えますか? 入浴するときに受付でもらった番号札をここに引っかけます。これで順番が分かるようになっています)

 

このつぼ湯は貸切風呂で、30分交代制。

ただし、最大30分ですが、すぐに出てくる方もいらっしゃいますので、近くで待っていた方がいいですね。

 

ピーちゃん
ピーちゃん
これが、つぼ湯だよー!!

とっても小さいお風呂で、とっても熱かったよー

私たちも入ってみましたが、2人でギリギリでした。確かに熱い!!水でうすめてないと入れませんでしたわ。

とても気持ちのいいお湯でしたが、他にすることもないので30分で十分だと思います。

また、つぼ湯は一日に何度も色を変えることから、「七色の湯」とも呼ばれています。一日中お湯を見ていた訳ではなかったので、お湯の色が変わったかは分かりませんでした。でもお湯の色が変わるなんて、何かメルヘンですねッツ(◜௰◝)

 

注意点

  • シャンプーや石けんは使えません。お湯につかるだけです
  • お湯の温度がとても熱いです!!でも水でうすめることができます

 

ゆで卵が作れますよ

こんな感じで温泉のお湯を利用して、ゆで卵を作れる場所があります。卵を引っかける釘があったりして、便利ですね(*^ω^*)

卵は近くの売店で購入できます。

地元の方が大勢集まっていて、卵だけでなく、野菜やタケノコ、豚肉とかも茹でている人がいましたww

 

「湯の峰温泉」のおすすめポイント

  • 秘境の温泉を楽しめる
  • 熊野本宮大社の近くにあるので、熊野古道を歩いた後に温泉につかれる
  • 世界遺産の「つぼ湯」は貸切風呂なので、家族やカップルにおすすめ。もちろん、一人で贅沢に貸切風呂を楽しむのもグー!!
  • 「湯の峰温泉」の近くに、「川湯温泉」や「渡瀬温泉」もあるので、温泉めぐりが出来る

 

以上です!!

 

ではまたね♡

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください